おじさんが”ちょっと優越感”を目指して-クレジットカード-

クレジットカードでちょっとだけ優越感を得るために四苦八苦した備忘録

“ちょっと優越感”ソウル編 

今回は実践報告ソウル編です。いつも通りゆる~く書いていきます。

 

1年ほど前、会社の同僚と韓国、ソウルへ行きました。

韓国は何度か遊びに行っているので、私の中では慣れた土地です。

10歳以上年の離れた若手を連れて、総勢4名で出発です。

 

ツアーではなく、航空券とホテルを個別に手配していざ韓国。飛行機はエアソウル、LCCです。

 

今回の旅行は34日です。クレジットカードの実力を試したくホテルは毎日違うホテルへ乗り換えました。(笑)

初日はミレニアムソウルヒルトン。二日目はベストウェスタンプレミアム国都。三日目はソウルロイヤルホテルです。

それぞれのホテルに宿泊した目的は以下の通りです。

 

・ミレニアムソウルヒルトン

 ヒルトンVISAゴールド保有のため、ヒルトンのゴールド会員になってます。ゴールドステータスの実力を知りたくてここに宿泊。高いので1泊だけです。(カジノがあるホテル。)

ベストウェスタンプレミアム国都

 ダイヤモンドステータスをゲットしたので、実力を知りたくて。どうやってゲットしたかって?ヒルトンゴールドを使ってステータスマッチしたんです。(後で詳細)

・ソウルロイヤルホテル

 前回宿泊時に会員になったので、どんなもんかと使い勝手を調べてみた。

 

そんなこんなで出発です。

まずはヒルトン。事前に日本でホテルを予約。一緒に行く同僚1人をヒルトン会員に入会させて予約開始です。

ヒルトンの会員には4つのステータスがあります。MemberSilverGoldDiamondですが、私がGoldで、同僚はMemberとなります。

2人部屋を2部屋予約となります。ヒルトンホテル、部屋のランクはデラックス、エグゼクティブ、スイートと上がっていきます。エグゼクティブ以上の部屋になるとラウンジが利用でき、軽食やお酒が無料でいただけます。Diamond会員はラウンジ利用が付帯されていますが、Gold会員には付帯していません。ですが、Gold会員はアップグレードの可能性があります。

今回の予約内容は、私が電話予約し、会員2人分の予約をまとめて取りました。Memberが予約した部屋はエグゼクティブツイン(ラウンジ利用確定)Goldの予約はデラックスツイン(ラウンジ利用不可)です。この作戦、まとめて二部屋取れば、部屋のランクを合わせてあげようと思ってくれるはず!!という下心丸出しの戦法です。

結果は、見事アップグレード獲得。2部屋ともデラックスツインになり、4人でラウンジを利用できました。ハイ、“ちょっと優越感”

チェックインはゴールド以上の会員用デスクで対応して頂けるため、並ばずにチェックインできます。ハイ、“ちょっと優越感”×2

夕食は、地下鉄で移動して、私がいつも行く焼肉屋さんへ。ここ、肉市場の周辺にある地元の人率が非常に高い穴場エリアです。肉は市場の周りという事もあって、非常にリーズナブル。それでいておいしい!!日本でいうと築地のすし屋みたいな感じかな?

今まで連れて行った人で気に入らなかった人は一人もいません。

お店のアジュンマ(おばちゃん)とも顔なじみ。これからカジノだと言ったら、「お金が無くなるだけだからやめときな!!」ってお小言を言われちゃた、、、てへ

その後カジノへ・・・・・・お金が無くなっちゃった、、、

おとなしく就寝...翌朝ラウンジで朝食...一人来ない! 部屋にもいない!!

カジノに行ってました・・・って、おいおい

昨日の負けを取り返したって喜んでたから、まあ、いいけど。

二日目はラウンジでの朝食からスタートです。

若い同僚にヒルトンに泊まって、ラウンジでゆっくり朝食って贅沢を教えて、、、ハイ、“ちょっと優越感”×3

朝食を食べた後は、ホテルのプールでひと泳ぎ。ハイ、“ちょっと優越感” ×もういいか。

荷物をまとめてチェックアウト。次のホテル、チェックインは15時です。大きな荷物を抱えてとにかく移動。12時にホテルへ到着しました。

 

二日目のホテルはベストウェスタンプレミアム国都です。

あわよくばアーリーチェックインできるかも。という淡い期待もありましたが、あいにく部屋には入れないとのことでした。   そりゃそうだ。

部屋は決まっているからチェックインを済ませて出かければ荷物を部屋に運んでおいていただけるという事で、チェックインを済ませました。

部屋は、、、アップグレード!!

さすがダイヤモンド!! 二部屋ともアップグレードでした。

ステータスマッチでゲットしたこのダイアモンドのステータス、期限は1年間です。年間の宿泊数が規定に満たないとランクダウンします。

もちろんそんなに宿泊するはずもなく、今回だけの特別な経験です。

部屋は広くて、、、特別な感想の湧かない部屋でした。

 

という事で、三日目

ホテルはソウルロイヤルホテルです。

ここ、明洞聖堂のすぐ近く。ソウルを訪れた観光客が必ず立ち寄るソウルの原宿、明洞(ミョンドン)にあります。

このホテル、メンバープログラムがあるのですが、ステータスマッチはやっていません。なので、普通にメンバーになって、一番下のランクです。

以前宿泊して、立地や価格等が満足だった事もあり会員になっていました。

会員になるだけでも“ちょっと優越感”な体験ができるか、お試しで宿泊してみました。

では、いざチェックイン!! 結果は~~~残念。 アップグレードなしです。

っていうか、いつも通りの宿泊です。

でもここのホテル、立地や価格、内装のきれいさ、フロントの日本語OK等も含めて、非常に気に入っているホテルです。お勧めですよ。

 

今回の韓国旅行、ホテルは以上です。

 

このほかの“ちょっと優越感”ですが、、、また今度~~~

 

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードからの海外用携帯電話の話や、JCB THE CLASSからのプライオリティパスの話、また今度報告という事で。

 

では。

メインカードの紹介 -セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード-

今日は一つのカードを掘り下げてみます。

いつも通りゆる~く書いていきます。

 

今日はセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードをどのように所有して、どのように使っているかを特集します。

 

まず、普段メインで使用しているカードは2種類あります。

 JCB THE CLASSとセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードです。

JCBは家族カードが無料なので、妻が主に使用しています。

セゾンは私が主に使用しています。

光熱費や自動車税等の大きなお金を分配して、どちらのカードも年間で100万円以上の決済になるように調整しています。

この辺は、サラリーマン世帯の涙ぐましい努力という事で、、、

 

大体のクレジットカードが、ポイントの優遇等、決済額でランクを付ける場合、100万円という区切りがあるんですよね。ここを超えておけばボーナスポイントが付くんです。その上の区切りは年間300万円、、、ハイ、無理~~~

 

子供が三人もいると、出費がかさむんです。今まではいつもニコニコ現金払い派でしたが、クレジットカードを勉強し始めてからは、同じ金額を支払うのに、財布から払うよりクレジットカードを経由したほうが、割引があったり、ポイントが付いたり。

Tポイントと二重取り出来たりと、銀行に預ける金利の何十倍も得をする場合もあるんです。

この辺の恩恵を受ける為なら、年会費無料のクレジットカードをお勧めします。

イオンカードとエポスカードはゴールドカードに育てることが出来るのでお勧めですよ。

 

ちょっと脱線しました。

今回はセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特集でした、、、

このカードを1年間で100万円以上の決済を目安に家計を振り分けている理由ですが、私がJALのマイルを貯めているからなんです。

陸マイラー”(オカマイラー)と呼ばれる、JALもしくはANAのマイルを貯める事が趣味の方たちの活動を参考にJALのマイル獲得活動をしております。

陸マイラーの皆さんは、年間数十マイルを貯めて、ファーストクラスで旅行することを目標とされている方が大半ですが、私は年間1万マイルを目標に頑張っています。

というのも、私の住まいから利用できる空港は、セントレア富士山静岡空港なのですが、どちらもJALが強くないんですよね。選択肢に上がってくる特典航空券が少なく、競争率も高く、そもそもそんなに休みを取れない、、、だって、サラリーマンだもん。

では、なぜJALのマイルを貯めるのか。それは以前「JALマイルの出口戦略」で書きましたが、ホテルオークラの会員ポイントプログラムに移行して使うためなんです。

これをすると、私の目指している”ちょっと優越感”をGET出来るんです。

 

では、なぜJALのマイルを貯めるのにJALカードじゃないのか?

実は、JALカードよりJALのマイルが貯まるんです。このカード。

「SAISON MILE CLUB」という制度がありまして、これに登録すると、JALマイルが1.125%も貯まるんです。(細かい説明、はしょってます。詳しくはWEBへ)

 

という事で、3年で3万マイルを目標として年間1万マイル。年間100万円の決済をクリアするように調整しています。

もちろん、クリアするために無駄な買い物したら本末転倒ですからね。「ご利用は計画的に!!」です。リボ払いは敵だくらいに思って節約してますよ。

 

では、このカードとの出会いから。

そもそもは、海外旅行保険付帯のカードを探していました。会社の同僚と韓国旅行に行く予定があり、韓国旅行は初めてではなかったのですが、前回は旅行保険を事前に申し込んでいました。

2度目という事もあり、「クレジットカードに付帯しているカードもあるよ。」と友人に言われて調べました。

ありました。イオンカード。ゴールドになれば自動付帯です。でも、韓国旅行までにゴールドには育ちません、、、

そこでセゾンカードです。セゾンアメックスのゴールドは海外旅行保険が自動付帯です。そう、ゴールドで十分です。初年度年会費無料です。海外旅行から帰ってから解約したっていいんです。(もちろん気に入らなかったらですよ。解約前提の契約なんて、、、ルール上は有りです。)

 

そんなこんなで、セゾンアメックス・ゴールドカードを無事GETして旅行に出発。

保険のお世話になるような事態には遭遇することなく、無事にエンジョイして帰国。

それからはイオンカードをゴールドに育てる活動を始めました。(おいおい、、、)

 

無事にイオンカードがゴールドに育ったところで、次はエポスカードです。(えっ?)

家計の支払いをエポスカードに集中し、こちらも無事にゴールドに。(...)

 

さあ、年会費無料のゴールドカードを二つ手に入れました。海外旅行保険も付帯しています。セゾンアメックス・ゴールドよさらば!!

とはいえ、今一度セゾンカードについてお勉強。永久不滅ポイントなんですね。じゃあ、ゴールドから普通のカードにランクダウンすればいいかな?なんて考えも。

さらに調べると、プラチナだとプライオリティパスが付いてくる。(なんじゃそりゃ?)

プライオリティパスがあると、空港でビジネスクラス利用以上の人が利用できるラウンジいうところに入れるらしい。

うーん、興味はあるが、旅行中一人だけラウンジに行くという別行動、どうかな?

悩みながらも、育てるクレジットカードもなくなったし、コンシェルジュって気になるし、、、よし、育てよう!!

と決心しました。

結果として1年ほどで育てることが出来ました。

 

ここまでが、私がセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを入手するまでになります。

 

それでは、ここから使い勝手です。

といっても、クレジットカードの使い勝手はどのカードでも変わりませんよね。コストコで使えなくなったくらいでしょうか。ほとんどの店で利用可能です。

お店でプラチナカードを出したところで、”ちょっと優越感”は感じられません。

やっぱり、カード付帯のサービスを利用したときに本領を発揮しますね。

 

・海外携帯電話

 海外で通話可能な携帯電話が30日間無料で借りられます。(通話料は必要)

 Wi-Fiルータは割引価格で借りられます。 お得ですね

海外旅行保険

 日本で借りていった携帯電を紛失した際、カードの保険で賄うことが出来ました。

 感謝!! 

 ・プライオリティパス

 海外旅行の際、ゴールドカードで利用できるラウンジとは比較にならない快適なラウンジを利用できました。お酒も飲めるし軽食もある。 これ、いいよぉ~

JALのマイルが貯まる→オークラの上級会員資格にできる

 ポイント利用で無料で宿泊可能。さらにアップグレードも。

 これがあるからこのカード!!ってくらい私の中で大きなウェイトを占めている。

コンシェルジュ

 使いこなせてませんが、あると便利。電話しか対応してもらえないのでめんどくさい。メールも可にしてくれたらいいのになぁ

 

こんなクレジットカード、いかがですか?私の目指す”ちょっと優越感”にはなくてはならないカードですね。

 

ちなみにこのカード、育てなくても持てるんです!! なんだよ~)

私が所有しているカードと全く同じではありませんが、違いがわからないほど付帯される特典はほぼ同じです。

名前は「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

これ、申し込みで持てるのはうらやましい。だって育てる必要がないんですよ!!

一応、オフィシャルサイトのリンクを貼っておきますね。

興味のある方はご自分で確認してみてください。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード

 

ビジネスと付いているので、法人名義での所有が出来、経営者向けの様ですが、サラリーマンでも問題なく持てる様です。

 

申し込むのは”タダ”なので、興味を持った方はトライしてみてもいいかも。

 

今回は私が”ちょっと優越感”を得るためにメインで使っているカードの紹介でした。

もう一つのJCB THE CLASSもそのうち紹介したいと思っています。

 

お楽しみに。

では、今回は以上です。

”ちょっと優越感”名古屋編 -ヒルトンVISA・JCB THE CLASS-

今日は実際に実践してみた”ちょっと優越感”について書いてみます。

いつも通り、ゆる~く行きますよ。

 

去年の夏に、子供たちを私の実家へ預けて、妻と二人で名古屋へお泊りに出かけました。きっかけは、ホテルオークラの挫折でした。

 

どういう事かというと、ホテルオークラは「One Harmony」という会員プログラムがあり、この中に誕生月はスイートルームが半額で宿泊できるという特典があったので、これを利用しようと思い、オークラに予約を依頼しました。

しかし、特典宿泊の枠はいっぱいで予約不可でした、、、

(この特典は狭き門かもしれませんね。)

 

予約する段階で、妻とのお泊り旅行の日程を調整していたので、ここから、「さあ、どうしよう?」となりました。

 

そこで登場!!ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードです。

このカード、年会費13,950円(税込み)ですが、7,470円にすることが可能です。

(詳しくはWEBで)

 

で、このカードを所有すると、ヒルトンホテルの会員プログラムのゴールド会員になれてしまうのです。

クレジットカードの機能としては三井住友VISAゴールドカードと同等です。

そして、ヒルトン会員のゴールドランクは、以下の特典が付きます。

(一部ゴールドでなくても付与される特典あり)

 

  • 25%のボーナスポイント加算
  • 無料の客室アップグレード
  • 1,000Hオーナーズポイント or 毎日無料のコンチネンタルブレックファスト(会員と同室に宿泊の1名まで)
  • 5泊目無料宿泊
  • フィットネスセンターとヘルスクラブ無料
  • 1滞在につき無料のボトルウォーター2本
  • デジタルチェックイン
  • 優先チェックイン
  • Wi-Fi無料
  • レイト・チェックアウト
  • エクスプレス・チェックアウト
  • 2人目のお客様はご宿泊無料

 

ここで注目は、2人目無料と朝食無料、客室アップグレードです。

 この特典目当てで名古屋のヒルトンホテルを予約しました。

チェックインしたところで、無事客室アップグレードGETです。(アップグレードされないときもあります。その時は素直に受け入れましょう。)

ラウンジも利用させて頂けました。

 

この時のお泊り旅行のスケジュールは以下のようになっています。

 

14:00  子供を実家へ預けて出発

15:00  ヒルトン名古屋へチェックイン(アップグレードGET)

18:00  劇団四季「リトルマーメイド」鑑賞

21:00  フレンチレストラン「ぶどう亭」でディナー(グルメベネフィット利用)

 07:00  朝食(特典により無料)

せっかくなのでプールでちょっと泳いでからチェックアウト

 

ヒルトンの宿泊は説明したとおりです。

フィットネスセンターの利用が無料なのでちょっとプールで泳ぎましたが、日ごろの不摂生によりすぐに息切れ、、、

本当にちょっとだけ泳ぎました。

 

レストランでのディナーですが、これは”JCB THE CLASS”のグルメベネフィットという特典を利用しました。

この特典、2人以上の利用で1人分無料になるというものです。

1万円くらいのコース料理を2人で食べて、1人分の料金です。

お店は落ち着いた雰囲気で、ワインの品ぞろえも豊富(種類が多いくらいしか分かりません)料理はどれもおいしかったです。

予約時に誕生祝のプレートを付けることが出来るとコンシェルジュより提案を受けましたが、自分の誕生日の特典を自分からお願いする気恥ずかしさから断ってしまいました。(頼んでおけば、きっと奥さん喜んだだろうなぁ~とちょっと後悔しました。)

 

翌日はお留守番した子供たちと実家へお土産を買って帰りました。

 

この旅行、奥さん大満足。喜んでくれました。

いつも家事に育児に頑張ってくれていますから、少しはリフレッシュできたかな?

一人で飲みに行くハードル、下がるかな?(笑)

 

ヒルトンVISAの年会費は一回宿泊すれば元が取れちゃいますね。

JCB THE CLASSはグルメベネフィットで1万円分得しました。

、、、というお金の計算は置いといて、

 

年会費の掛かる一つ上のクレジットカードを使って、”ちょっと優越感”を感じる体験はプライスレスです。

本当のお金持ちを満足させるいろいろな特典のおこぼれにあずかり、サラリーマンなのにちょっと贅沢できる。こんなクレジットカードの使い方、いかがでしょうか?

 

こんな体験談、今後もゆる~く書いていきます。

今回はここまで。

お付き合いありがとうございました。

 

 

使い勝手の感想 -イオンゴールドカード-

今回はイオンゴールドカードを実際に使ってみた感想を書きたいと思います。

 

前回の記事でイオンゴールドカード取得までを紹介しましたが、入手してからどのような使い方をして、どう感じたか、主観バリバリでゆる~く書いていきます。

(あくまでも個人の感想です)

 

まず、イオンゴールドカードは私が初めて入手したゴールドカードです。

ゴールドカードの入門編としてはおすすめです。

 

一応リンクは貼っておきますが、前回記事に書いたように、実際の店舗で申請したほうがお得ですよ。

 

 

 まず、初めてのゴールドカードを始めてお店(イオン)で使った感想。

金持ちが持つゴールドカードをレジで出したら店員さんの接客態度が変わっちゃったりして、、、周りのお客さんにチラ見されちゃって入りして、、、ちょっとドキドキ

何にも変わりません。

自意識過剰もいいとこです。

勝手に周りの目を気にして、逆に恥ずかしい思いをしました。(^^;

 

次に、イオンラウンジを利用した感想。

カード所有者含めて4人まで入れます。私の家族は子供3人の5人家族です。 

一番下の子は小さいし5人でも入れるかな?と思ってラウンジ入り口で確認したところ、「4人までです。」だって、、、

私はあきらめて妻が3人の子供を連れて入りました。(妻は家族カード持ってます)

家から行けるイオンモールは2か所(どちらも車で20~30分)ありますが、もう一つの店舗では5人家族での利用がOKでした。ラウンジによって違うのか、受付の人によって違うのかは不明ですが、ルール上は4人までです。

以来受付で聞くことなく4人で利用しています。(毎回私が我慢)

 

では、私はラウンジを利用していないのかというと、結構利用しています。(いました。)

週末にスポーツジムへ行き、プールで泳いでサウナに入って、気持ちよくジムを後にし、ほてった体で最寄りのイオンモールへ。

一人だとあまり待たずに入れることが多いので、そのままラウンジへ。

ちょっとしたお菓子を貰って、スポーツドリンクを飲んでクールダウン。帰り際にコーヒーを飲んでから帰宅。というルーティーンができていました。

ジムの会費がおじさんのお小遣いに占める負担が大きく、ジムを退会してからはラウンジもほとんど利用していません。

自分のライフスタイルにうまく組み込める人は効果絶大だと思います。ただ、週末のみ家族で(数人で)利用するのであれば、ちょっとどうかな?

待ち時間が長く、人通りの多いところでさらし者にされているような気分(個人的感想)になってやっと入れる、、、私にとってはあまり得意じゃない場所になっています。※ハマれば効果絶大ですからね!!

 

ポイント還元

これはイオンカードもイオンゴールドカードも同じで基本0.5%です。有効期限もありますし、あんまりメリットは感じておりません。

エポスカードならゴールドになるとポイント期限が無期限になるので、コツコツ貯められて良いんですけどね。

私はJALのマイルを貯めている都合もあり、イオンでのショッピングの時はイオンJMBカードをメインで使用しています。普段のショッピングはセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを利用しています。

普段から使用しているのは妻が家族カードをイオンのみで使っているくらいですね。

 

まあ、一度ゴールドになれば、元に戻ることはありませんから。

 

最後に旅行保険。

旅行時の保険はイオンカードには付いていません。ゴールドカードに付帯しています。

補償内容に不足がなければ海外旅行時に保険に入る必要がなくなります。

実際に不測の事態になった場合の感想は、そのような状況になったことがないので判断できませんが、別の記事にも書きましたが、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに付帯した保険は利用したことがあります。

丁寧に対応して頂き、何の不安も感じませんでした。保険については保証額の違い以外の使用感はどこも一緒じゃないかな~と勝手に想像しています。

あると安心ですし、旅行の際に保険の出費がいりません。それが年会費無料のカードに付帯しているのは、魅力の一つだと感じています。

 

以上、イオンゴールドカードを利用した感想でした。

 

今回もゆる~い記事を読んで下さりありがとうございました。

初めてのゴールドカード -イオンゴールドカード-

今回は初めて所有したゴールドカードについて書いてみます。

 

いつも通り、あさ~い記事でゆる~く行きますね。

 

イオンゴールドカードはイオンカードのゴールドカードです。

って、当たり前ですね。

年会費無料のゴールドカード、調べてみるとほとんどないんですよ。

 

このカードを知ったキッカケですが、海外旅行保険が付帯しているカードを調べていたら紹介記事を見つけて、「おっ、いいじゃん!!」って感じでした。

 

ただ、これって、インビテーションという、カード会社から「お客様、ゴールドになりませんか?」っていう招待がないとなれないんです。

 

「プロパーカード」を発行して、育てるとゴールドになります。

「プロパーカード」というのは、自社で発行するカードという意味で、厳密な基準とか、広い意味の基準とかあるようですが、とりあえずイオンカードでいえばJMB(JALマイレージバンク)とか、何かと協賛している物を除いた、シンプルなカードです。

しっかりと理解したい方は、イオンカード上級者のブログ等を検索してみてください。

(詳しくはWEBで)

 

このブログではどう取得したか、使ってみての感想なんかをゆる~く書いていきますね。

一応、カード開設のリンクは貼っておきますが、後を読んでもらえばわかりますが、このリンクより店頭で作ったほうが得ですよ。あくまで参考程度に。

 

ではここから、実際私がどうやってゴールドカードを手にしたかをお話しします。

 

平日の夕方、会社帰りに最寄りのイオンモールへ。

目的はカードを作ることでしたから、真っ先にカード開設ブースへ、、、

あれ?誰もいない、、、

時間は午後6時半。ブースは6時まででした、、、 (出鼻をくじかれた、、、)

 

気を取り直して、翌日は仕事を定時で終わらせてダッシュ!!

午後5時30分。間に合いました。

すぐ使うわけでもないし、ネットで申し込めば良かったと後悔。

カードの手続きは、ブースのお姉さんに親切丁寧に教えてもらってスムーズかつ無事に終了。

「カード開設当日は10%OFFで買い物できますよ。」って何!?

そうなんです。イオンカードを作るなら、大きな出費を伴う買い物をする予定がある時を狙って開設するのがお得だったんです。

ただ、このキャンペーンっていつもやっているのか分かりませんので、皆さんはぜひリサーチしてから開設してください。

 

で、ここで作ったカードは先ほども言いました通り、「プロパー」カードです。

ゴールドじゃあありません。

ここからどうやってゴールドにしたのか。

それは、年間100万円の利用をすればいいのです!!

(この基準、ネットで調べると公表はしてないけどおおむねこれくらいだろうとされています。)

 

年間100万円なんてむり!!って思ったあなた。私も最初はそう思いました。

でも、よく考えたら子供3人の5人家族という私の家庭事情だと、当たり前にクリアできちゃうんですよね。

電気、水道、ガス、電話、携帯、ガソリン、食料品、、、

毎月いくら使っていますか?カード決済できる出費って結構あるんですよね。

公共料金の支払いを変更するのって手間だと思います?

意外と簡単なんですよ。というか、カード会社は切り替えてもらうために簡単に切り替えられる工夫を練ってあります。

切り替えをお願いするはがきを貰って、自宅で記入してポストへ入れるだけ。っていう感じです。全部じゃないですけどね。

それと、固定資産税や自動車税、車検などの出費もカード払いにすることで、出費を集約します。

 

一度ゴールドカードになってしまえば、解約しない限りカードのランクが下がることはありません。年会費無料なので、一年だけ支払いを集約して、育てればあとは銀行引き落としに戻しても、他のクレジットカードに切り替えてもOKです。

私は、この後セゾンアメックスを育てて、JCBカードを育てて、エポスカードを育てて、、、(この辺は趣味の世界なので共感は得られないかな?)

 

私の場合は家計の出費だけでなく、友人との食事の時に会計役を買って出て、お金を

集めてカードで支払うなんてこともしました。

ただ、これってきちんとお金の管理ができないと、手元にお金があると気が大きくなってつい使いすぎてしまい、カード引き落としの時にびっくりしちゃうんですよね。

という事で、性に合わないので数回でやめましたけどね。

うまくやれる人は立て替え払いをすると、自分のお金を使わずに利用実績を増やせるのでいい方法だと思います。

 

そんなこんなで、私のカードがゴールドカードになったのは、カードを作って6か月後くらいでした。

これ、6か月で100万円使ったのか!!っていうとそうじゃありません。

実際の決済は60~70万円くらいだったと思います。

 スタートダッシュすると優遇があるのかな?よくわかりませんが。 

 

という事で、ここまでどうやってゴールドカードをGetしたかを書きました。

 

実際にゴールドカードを使った感想は別の記事にしたいと思います。

 

最初は一気に書くつもりだったけど、それなりに長文になってしまったので、、、

 

コメント等頂けると励みになります。ネタにもなります。

良かったらリアクション頂けると嬉しいです。

 

では、次回。

クレジットカード付帯の海外旅行保険 -セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード-

今回は、クレジットカードに付帯している海外旅行保険についての実体験です。

 

以前会社の同僚と4人で韓国旅行へ行きました。この時活躍したのが、「セゾンプラチナ・アメリカンエキスプレス・カード」です。

このカードの特典として、海外携帯電話を無料で借りられる(通話は有料)というものがあります。5台まで借りられるので、人数分借りました。

以前Wi-Fiルータを1台だけ借りて、みんなでシェアしたところ、バッテリーのヘリが早い事と、はぐれたらネット接続環境にあるのはこちらだけなので連絡がつかないという不測の事態が発生して大変な目にあったことがあります。

そこで、今回は無料で借りられて、使用したら通話料のみという事で、全員でお守り代わりに持つことにしました。

これ、便利ですね。一緒に旅行に行った同僚は独身なので、私が家族へのお土産を探したいとき、見たいものが違うんですよね。免税店やスーパーを各々見て回る時、一応待ち合わせ場所と時間を決めておくのですが、長引いたり、すぐに見るものがなくなって別の場所へ行きたくなるなど、お互いに自由に動きたくなる時があるんですよね。

こんな時、それぞれ携帯電話を持っているので、自由に動けます。もちろん土地勘なんてありませんから、携帯電話を持っていなければ、片時もそばを離れないくらいの小心者の集まりです。以前の旅行では、バスケットボールのゾーンディフェンスのように狭い通路を歩いたものです。各々

いつでも連絡が付く安心感、結構プライスレスです。

 

今回のタイトルは「海外旅行保険」、そうです。ハプニング発生です。なんと、携帯電話を紛失しました!!

普段日本で使っているスマホと、レンタルしたWi-Fiルータ(1台借りました。)、それに普段使っていない海外用の携帯電話。ポケットはWi-Fiルータスマホで占領され、お守り代わりの携帯電話は、適当にバッグの外ポケットに突っ込んでいました。

 

大人のたしなみ、男のロマン。カジノに行ったとき、各々自由行動をしたいですから、集合時間と場所を決め、念のため携帯を持っていることを確認したとき、、、

無いじゃないですか。携帯。

ポケット、カバン、全員調べましたが見つかりません。後でホテルの部屋に戻ってからも探しましたが見つかりません。

 

しかたなく、翌日明洞の交番で紛失届を提出。帰国してから携帯レンタルの会社に連絡しました。

携帯レンタルの際、保険にも入れるのですが、入っていませんでした。そうです。クレジットカードの保険があるからです。

 

レンタル会社に連絡した後、クレジットカードのコンシェルジュデスクへ電話しました。状況を伝えると、保険担当の方から折り返し連絡を頂きました。保険会社は別会社です。そりゃそうですよね。

 

状況を再度説明して、書類を送ってもらい、いろいろ記入して、紛失届を添付して返信しました。(韓国警察発行の紛失届ってちょっとレアじゃね?)←スミマセン、反省してます。

 

紛失にかかる費用は、自分でレンタル会社に一旦支払い、その後保険会社から私の口座へ振り込まれるという流れです。

 

手続きもスムーズに進み、問題なく処理終了しました。

掛かった費用は2万円台だったかな?これが保険で賄えました。年会費2万円のクレジットカードなので、元を取った形ですが、保険を使うような事態にはならないことが一番です。気を付けましょう。

 

今回は携帯紛失に対応してくれたクレジットカード付帯の保険ですが、突然の病気で病院にかかった時なども対応してくれます。

自分で旅行保険に加入すると、3000円くらい掛かりますので、この費用がいらないというのはありがたいですね。

 

同僚に携帯電話をレンタルしてあげることで感謝され、”ちょっと優越感”も感じられました。不測の事態でも対応力高めの「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」、持っててよかったと感じた出来事でした。

JALマイルの出口戦略その2 (JCB THE CLASSも活用)

今回はJALマイルの出口戦略として「One Harmony」にポイント以降したその先の活用方法について、実践経験のその2です。

 

東京ディズニーランドに行ったよ編です。

JALマイルから「One Harmony」に移してGetしたポイントを利用して、ホテルオークラに宿泊した事は前回書きましたが、今回はホテルオークラ東京ベイへ宿泊した経験を書きたいと思います。

 

昨年の夏に、私の子供二人(中学生と小学生)を連れて、東京ディズニーランドへ行きました。宿泊は「One Harmony」のポイントを利用して「ホテルオークラ東京ベイ」に宿泊。スーペリアルームで8000ポイント利用です。

パークへ行く前日にチェックイン。駐車場は延長料金無料のため、翌日パークで閉園まで遊んで帰っても、停めっぱなしで1泊分です。(ロイヤル以上は同じ特典です)

アーリーチェックインが13:00~なので、早めにチェックインしてイクスピアリでぶらぶらしました。

夕食も舞浜駅周辺で済ませば良かったのですが、いろいろ得してるし、奮発してホテルのレストランで食べました。実は、試したい特典があったというのが大きいんですけどね。

その特典、バースデー特典と言って二日前までに予約をして、特典利用の旨を伝えると、バースデーケーキを用意してくれるんです。

私が夏生まれなので運よく特典を利用できました。

レストランは「カフェレストランテラス」を利用したのですが、21時~のお夜食バイキングをお願いしました。それが大誤算!!

イクスピアリをぶらぶらしていたら、子供たちが「お腹すいた~~~」と不満たらたら。21時にホテルでディナーだと言っても聞きません。(そりゃそうだ)

しかたなく舞浜駅近くのサイゼイリアへ、、、一番小さいピザを三人でシェアしようと思ったのですが、さすがに人目が、、、

出来るだけ軽めのメニューを選ぶようにさせましたが、そのあとホテルでディナーです。まぁ、子供たちの食べないこと!

料理はおいしいのですが、多くは食べられません。まるで良いとこのお坊ちゃんお嬢ちゃん、、、には見えないなぁ。

食事も終盤に差し掛かったころ、ウェイターがバースデーケーキを運んできてくれました。小さくて高級感の漂うケーキ。ボキャブラリが足りない、、、うまく説明できない。ホールケーキの小さいの。上にイチゴが乗っていました。(説明がアホ過ぎる、、、)

記念写真を撮ってくれてプレゼントして下さり、ケーキを3人分にカットして下さいました。

中途半端に食べてなければ、きっと最高の食事となったことでしょう。

翌日は朝からパークです。お風呂に入っておとなしく就寝です。

 

ディズニーリゾートラインの2日券を購入していましたので、朝からリゾートラインで出発です。もちろん車は駐車場に停めっぱなしです。ホテルもチェックアウトしていません。

 

上の息子は友達と待ち合わせてディズニーシーへ。実はこのためにディズニーへ来る事になったんです。一番下がまだ小さいので夏のディズニーランドに開園から閉園まではとてももちません。かといって一人で千葉まで行かせるわけにはいかないし。

しかたなく二番目の娘を連れて三人でディズニーとなりました。

しかし、ここでも誤算が。息子は友達とディズニーシーへ、娘はランドへ行きたいと譲りません。しかたなく別行動。私と娘はランドです。(後で奇跡が)

 

ここからが今回のサブタイトルにもなっている「JCB THE CLASS」の出番です。

JCB THE CLASS」を保有していると年に1回「メンバーズセレクション」というカタログギフト形式のプレゼントが送られてきます。

この中に「東京ディズニーリゾートギフトカード(1万円分)とパークチケット(2枚組)セット」という商品がありました。この商品をお願いして今回の入場券としました。小学生分のチケットを1枚購入して、私と息子はこのチケットで入場です。

中学生のチケットは大人よりも若干安いので、ちょっともったいなかったんですが、年に何度も行ける家庭ではないので、ここで使い切ることにしました。

ギフトカードは子供にそれぞれ2千円分ずつお小遣いとして渡して、残りの6千円分で留守番している妻と下の息子のお土産代として使いました。

 

JCB THE CLASS」はディズニーランドとの親和性が高く、得する特典がいくつかあり、その中の一つにラウンジの利用があります。

ディズニーランドは「スター・ツアーズ」、ディズニーシーは「ニモ&フレンズ・シーライダー」にそのラウンジはあります。

このラウンジ、アトラクションの列に並ばず、秘密の入り口から中に入って、アトラクションの建物内にあるラウンジで休憩ができます。休憩の後は列に並ばずに一番でアトラクションに乗ることが出来ます。

ラウンジ内は撮影OKですが、SNS等にアップすることは禁止されています。(なんかすごいね)

今回はディスに―ランドのラウンジ、「スター・ツアーズ」のラウンジを利用しました。4人まで利用できるので、4人で予約しました。

って、あれ?息子はシーへ、私と娘の二人でランドですよね?予約は4人っておかしいですよね?

そうなんです。最初は息子、息子の友達、娘、私の4人で利用するはずだったんです。しかし、息子はシーへ、、、ラウンジは予約した後でした。

まあ、仕方がない。2人で利用しようと気持ちを切り替えてランドで遊んでいました。

そうしたら、「なんということでしょう~」娘の友達と偶然遭遇!!先方は両親と子供二人の4人で来園していました。二人ならいっしょに行けるからとお誘いしたところ、娘の友達とお母さんが一緒にラウンジへ行ってくれることになりました。

地方からランドに遊びに行って、たまたま同じ日程で遊びに来ている娘の友達との遭遇、まさに奇跡です。残り二人分を無駄にしなくてよかったです。

 

ラウンジの時間にはかなり時間があったので、一旦分かれて待ち合わせをしました。

 

この後、私と娘はシングルライダー等を駆使してそれなりにたくさんのアトラクションを制覇しました。

夏のパークは暑くてばててしまうので、お昼は園から出て外で安く済ませました。

その後一旦ホテルへ戻って休憩です。

そうです、ホテルはレイクチェックアウトで15時まで利用できるんです。

昼の暑い日差しを避けて、一旦ホテルのベットで足を延ばして横になれる。これ、最高ですよ。

 

その後ホテルをチェックアウトして、荷物を車に積んで、再びパークへ。車はもちろん駐車場に停めっぱなしです。

 

パークへ戻ってしばらく遊んだらラウンジ利用の時間です。待ち合わせた娘の友達たちと合流して、いざ、ラウンジへ。

皆さんが並んでいる入り口とは違う方向へ。謎のインターホンで連絡すると、中からキャストが現れました。この特別感、わくわくします。

ご一緒した母娘の前で、「いつも来てます」みたいな顔をすることも忘れて、4人でドキドキワクワクな感じでキャストについていきました。中はバックヤード感はなく、ちゃんとスターウォーズの世界観で作りあげられていました。(当然といえば当然ですが)

中に入るとリビングダイニングのような空間でゆっくりのんびり、ジュースを頂きました。無料でお替り自由ですが、素敵なキャストのお姉さんが都度聞きに来てくれますので、恐縮しちゃって、、、

がぶ飲みしてお替り頼むって、小心者なのでそんなハートは持ち合わせておりませんでした。本当は外が暑くて、ジュース2,3杯一気に飲みたいくらいだったんですけどね。

 

その後、アトラクションに最優先で乗って、ご一緒した母娘さんにも楽しんでもらえて、大変有意義な時間が過ごせました。

こういうのが私の目指している”ちょっと優越感”なんですよね。

 

この後、パーク閉園まで娘と遊んでお土産買って。

支払い時に「東京ディズニーリゾートギフトカード」を出すと、後ろのカップルが「何?あのチケット。」なんてひそひそ話す声が。こんなとこでも”ちょっと優越感”

 

いろいろ楽しんで、実際に支払っている金額はだいぶ安く抑えられたと思いますが、それぞれのカードの年会費を払っていますので、金額的に元を取ってはいないと思います。

私は”ちょっと優越感”を感じるところにプライスレスな価値があると思って使っています。

 

共感して頂ける方、コメントいただけると励みになります。

 

今後もこんな”ちょっと優越感”をアップしていきたいと思います。